アーカイブ

キャンペーンプロモーション「OPEN YOKOHAMA」

2010年から2012年まで3年間にわたり、9月から11月にかけて期間限定のプロモーション活動として、「OPEN YOKOHAMA」キャンペーンを行いました。関内、みなとみらい、桜木町、伊勢佐木町、野毛、黄金町などの横浜都心部でこの時期に開催される300を超えるアートやカルチャーイベントをご紹介するウェブサイトを開設。OPEN YOKOHAMAインフォメーションデスクの設置や、無料のガイドブックを作成し、横浜市内の文化施設や首都圏の鉄道各駅などで配布しました。
※実施主体:OPEN YOKOHAMA実行委員会
(事務局:(公財)横浜市芸術文化振興財団)

・ガイドブック発行
OPEN YOKAHAMA2010 8万部
OPEN YOKOHAMA2011 20万部 ※前半10万部・後半10万
OPEN YOKOHAMA2012 10万部

OPEN YOKOHAMA

アート&カルチャー・ヨコハママップ「ACYマップ」

美術館やギャラリー、博物館、劇場、ライブハウス、歴史的建造物などの横浜都心部のアート&カルチャースポットを網羅したマップを発行しました。

・発行数:2008年~2010年 全4回(日本語・英語併記)

ACYマップ

創造都市・横浜 紹介冊子「ヨコハマ・アート・コンシェルジェ」

アートな横浜を楽しもう!と題し、主に創造界隈エリアを中心に、創造都市・横浜の取り組みや成果をご紹介するフリーマガジンを制作、発行しました。

・2009年発行 発行部数:1万部

ヨコハマ・アート・コンシェルジェ

 

プロモーション

「文化芸術創造都市・横浜」の取り組みや、アートでクリエティブな横浜の魅力を多くの方に知っていただくためのプロモーションを行っています。

 

WEBマガジン「創造都市横浜」

2009年より“読んで 観て 創造する”をコンセプトに横浜のアートシーンを紹介する“アートウェブマガジン「ヨコハマ創造界隈」”を運営。2013年9月からは、WEBマガジン「創造都市横浜」としてリニューアルオープンしました。「ヒト」にフォーカスし、イベント紹介にとどまらない、出来事や活動の裏側をストーリーとしてご紹介する読み物マガジンとして制作しています。
http://yokohama-sozokaiwai.jp/

button_fb Facebook

button_tw Twitter @sozotoshi_YKHM
創造都市横浜

メールニュース「ヨコハマ創造界隈News 」
ウェブマガジン創造都市横浜の更新情報を中心に募集情報などをお届けする
メールニュースを配信しています。
ご登録はこちらから>>

文化芸術創造都市・横浜紹介冊子の制作・発行
2003年にスタートした文化芸術創造都市・横浜の取り組みをご紹介する冊子を制作・発行します。
(2014年1月発行予定)

→アーカイブはこちら

アーカイブ

2014年度

関内外OPEN!6~創造都市のスタジオ探訪
見つけよう!アート・建築・デザインの街 横浜

 

日程: 日程:2014年10月17日(金)~10月19日(日)
概要: オープンスタジオ、デザインピッチ、交流会、
ポートフォリオ展示等を開催しました。子どもから大人までみんなで楽しむ街の文化祭。今年みなとみらいエリアも参加しました。

2013年度

関内外OPEN!5

 

日程: 2013年11月1日(金)~11月2日(土)
主催: 関内外OPEN!連絡協議会
横浜で活動するデザイナー、建築家、アーティストが参加。2日間限定の普段はみられない仕事場公開、クリエーターによる大プレゼンテーション大会「デザインピッチ」を開催しました。

関内外OPEN!5

2012年度

関内外OPEN!4

 

日程: 2012年10月26日(金)~10月28日(日)
主催: 関内外OPEN!連絡協議会
横浜で活動する総勢170組のデザイナー、建築家、アーティストが参加。2日間限定の普段はみられない仕事場公開、吉田町の路上を会場にしたレセプション、クリエーターによる大プレゼンテーション大会「デザインピッチ」を開催しました。

関内外OPEN!4

2011年度

関内外OPEN!3

 

日程: 2011年11月3日(木)~11月5日(土)
主催: 関内外OPEN!3連絡協議会
この年、113のアーティスト、クリエーターが参加。関内外OPEN!恒例の仕事場を限定公開に加え、関内外を6つの小さなエリアに分けてエリアオープンを開催し、アーティスト、クリエーターが地元の人と話をする場を設けました。また、初めて、クリエーターによるプレゼンテーション大会「デザインピッチ」を開催、異業種7組のクリエーターが参加しました。

関内外OPEN!3

2010年度

関内外OPEN!2

 

日程: 2010年9月11日(土)~9月12日(日)
主催: 関内外OPEN!2連絡協議会
私たちの生活に喜びと驚きをもたらす48組のアーティスト、クリエーターが参加し、オープンスタジオイベントや建築入門ツアーなどを開催しました。

関内外OPEN!2

2009年度

関内外OPEN!

 

日程: 2009年9月4日(金)~9月6日(日)
主催: 関内外OPEN!連絡協議会
関内外OPEN!の記念すべき第1回。関内外エリアに創作の場を構えるクリエーター、アーティストの有志一同約34組が集い、オープンスタジオイベントや関内外あるき(スタジオツアー)を行いました。

関内外OPEN!

普段は見ることのできない、デザイナーや建築家、アーティストの仕事場を特別公開するオープンスタジオイベント。ツアーやワークショップなど参加型の企画も開催しています。

関内外とは?
「関内」と「関外」は、混乱した開港当時の治安を守るために吉田橋(現在のJR関内駅北口、伊勢佐木町と馬車道の間)に建てられた関門の内と外を表しています。「関内」エリアは、港町・横浜をイメージさせる歴史的な建物、倉庫などが残る土地です。

「関外」エリアは、横浜の大衆文化を形成してきた土地で、関内エリアに比べ、戸建ての店舗・住居、アパートが多いのが特徴です。両エリアは、角を曲がると、一本道を挟むと別世界が現れ、猫の目のように変わる街の姿を見せる多様な価値を内包する都市・横浜を象徴しています。この関内外エリアに今、多くのデザイナーや建築家、アーティストが創作の場を構え、クリエイティブな日常を送っています。

→今年の開催情報はこちら「関内外OPEN!8」

相談実績

平成28年度 相談実績

これまでの相談実績

アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)は、横浜で創造的な活動を展開したいという方を対象に、相談業務を行っています。平成26度は150件(平成26年4月~平成27年3月)のご相談をいただきました。情報提供から具体的なコーディネートまで、様々な対応を行なっています。

平成26年度 相談実績

■相談された方が所属されている分野

アート系 55
創造産業 28
行政 26
企業 20
大学 14
市民団体 5
オーナー 2
合計(単位:件) 150

 

■相談された内容

企画 42
拠点形成 32
助成 20
視察 16
マッチング 15
調査 11
広報 8
その他 6
合計(単位:件) 150

 

■主な相談内容

1.横浜都心部における拠点形成や場所の提供に関するご相談

●横浜への移転のご相談
 横浜へアトリエやスタジオの移転を検討しているので情報がほしい。

    • 様々な分野のアーティスト、クリエーターから相談があり、立地や条件等の地域特性をアドバイスします。不動産業は行っておりませんので、具体的な物件の紹介は行いません。協力関係にある不動産屋さんはご紹介します。あわせて、横浜のアート系シェア運営者をご紹介します。

 

●スペース活用に関するご相談
 所有している物件、スペースを提供したい、活用したい。

【例】

  • 所有物件をリノベーションし、再活用したい。
  • 企業所有のスペースの一部を活用したい。

 

2.助成に関するご相談
 アーツコミッション・ヨコハマで実施する助成制度について相談したい。

【例】

  • 事業実施や事務所移転などに使える助成制度を知りたい。
  • 申請する企画が助成対象となるのか知りたい。
  • 助成申請するにあたって、企画内容を相談したい。
  • 助成申請するにあたって、書類作成の方法について聞きたい。

 

3.企画に関するご相談

●企画内容のご相談
横浜で行う企画の内容や運営について相談したい。

【例】

  • 横浜で行う展覧会やイベントの企画内容について相談したい。
  • 事業の資金や活動場所、協力者を紹介してほしい。
  • 自主イベントの広報について相談したい。

 

●横浜での会場探しのご相談
 横浜で行う公演、展覧会、イベント等の会場を探したい。

【例】

  • 予算や企画コンセプトにあった貸し出し施設を紹介してほしい。
  • 劇場や美術館ではないスペースで発表、制作したい。どのような場所があるか。
  • 作品を販売できる場所を知りたい。

 

4.マッチングに関するご相談
横浜で活動するクリエーターに仕事を依頼したい。

【例】

  • 販促ツールを作成するデザイナーの紹介。
  • イベントに参加するアーティストの紹介。
  • 商品開発に関するデザイナーの紹介。
  • 地域イベントのPRに関するデザイナーの紹介。
  • 横浜市各区局が実施する事業へのデザイナーの紹介。

 

5.創造都市に関する調査、視察

  • 自治体、大学、学生、海外からのゲスト等、調査、研究、視察問わず、創造都市横浜の政策や事業の紹介から、学生の卒論、修論の相談、他事例の情報収集まで幅広く相談にのっています。

相談方法/連絡先

横浜のアートに関することなら、
誰もが気軽に利用できる相談窓口です。

ご相談をご希望の方はACYラウンジにて承っております。
ご相談は予約制のため、必ず事前にお電話にてお問合せ下さい。

 

お問い合わせ先

ACYラウンジ
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 事務局

受付時間 平日 9:00~17:00
休業日 土日祝、年末年始
所在地 〒231-0023 横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル1F
お問い合わせ tel.045-221-0212/ fax.045-221-0216

メールでのお問い合わせはこちら

お名前 (必須)

お電話番号

メールアドレス (必須)

メッセージ (必須)

 

事業報告書

*事業報告書は、すべてPDFファイルで別ウィンドウにて開きます。

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

文化芸術創造都市・横浜

文化芸術創造都市・横浜
-横浜が取り組むアートでクリエイティブなまちづくり

人々が出会い、交流と創造が育まれる場

1859年の開港以来、横浜は、様々な人や物資、情報が往来発着する日本の玄関口として、
豊かな文化をはぐくんできました。

行き交う船でにぎわう港の風景や異国情緒あふれるノスタルジックな街並――
横浜はたくさんの魅力にあふれています。

そして今、未来へ向けてさらに新しい価値や魅力を生み出すために、
港とともに育まれた独自の文化や歴史に芸術文化のもつ創造性を融合し、
街づくりに生かす取り組み―“文化芸術創造都市・横浜”に取り組んでいます。

横浜ならではの資源である歴史的建物を活用してアート拠点が出現し、
アーティストやクリエーターが集うクリエイティブな街・横浜が今、うまれています。
→横浜市文化観光局のページへ

相談窓口

横浜のアートに関することなら、誰もが気軽に利用できる相談窓口です。

ACYは創造都市政策や横浜での活動についてのご相談をお受けしています。
ご相談をご希望の方はACYラウンジまでお問合せ下さい。(事前予約制)

●ご相談方法/連絡先:ご相談をご希望の方はこちらをご確認ください。

【ACYリーフレット 相談の手引き】
※各画像をクリックすると拡大できます。

ACY-1

 ACY2-3

acy4

 

これまでの相談実績:これまでのご相談例をご紹介します。