CREATOR INFO有限会社 天野和俊デザイン事務所

PROFILE企業情報の紹介

PR

We design identity and stories.

私たちはアイデンティティーをデザインします。C.IやV.Iをはじめ、ブランドやパッケージ、ネーミングやプロダクト​、そしてモノだけでなくコトにも、アイデンティティーはなくてはならないものと考えます。専門性の高いタイポグラフィーの技術と、コミュニケーションの中心となりうるストーリーを携えたアイデンティティーは、将来に遺すべき価値ある資産になると信じています。

天野和俊デザイン事務所はグラフィックデザインをベースとするデザイン会社です。社会や経済、都市と地方、環境そして未来において、良いインパクトを与える役割の一端をデザインで担うことこそ、私たちの存在意義と考えます

経歴

代表経歴/天野和俊
1970年生まれ
1993年- レオ・バーネット協同(株)/アートディレクター
1996年- (株)佐藤卓デザイン事務所/デザイナー
2000年- フリーランス/グラフィックデザイナー
2002年- (有)天野和俊デザイン事務所/代表
(公社)日本グラフィックデザイナー協会 会員
(公社)日本パッケージデザイン協会 会員
桑沢デザイン研究所 非常勤講師

会社経歴/(有)天野和俊デザイン事務所
2002年 東京・恵比寿に設立
2005年 代表のアイルランド留学のため休業
2010年 横浜へ本社移転 恵比寿オフィス開設
2015年 馬車道大津ビルに本社移転 現在に至る

取引実績

味の素(株)
味の素ゼネラルフーヅ(株)
エスビー食品(株)
エスティーローダー(株)
花王(株)
キリンビール(株)
サッポロビール(株)
サントリー(株)
日本コカ・コーラ(株)
富士フイルム(株)
HOYA(株)
(株)明治
モンデリーズ・ジャパン(株)
(株)アサツー ディ・ケイ
(株)ジェイアール東日本企画
ジェイ・ウォルター・トンプソン(株)
電通ヤング・アンド・ルビカム(株)
(株)博報堂
福永紙工(株)
横浜市     ほか

SERVICE

ブランド、VI、CI、ロゴ制作/フライヤー・カード/冊子・パンフレット/商品開発・パッケージ/プロモ―ション写真/プロモーション映像/企業紹介サイト/イラスト制作/

PROFILE

会社名有限会社 天野和俊デザイン事務所
代表者名天野和俊
WEBサイトhttp://kadltd.jp
電話番号045-641-9066
所在地横浜市中区南仲通4-43 馬車道大津ビル402
設立2002年
メンバークリエイティブディレクター、アートディレクター、デザイナー
 横浜市

MAP

SPECIALTY得意分野の紹介

SPECIALTYブランド/ロゴ/VI/CI 制作

私たちの提唱するV.IやC.Iなどのアイデンティティーデザインは、それぞれにストーリーを携えています。そのものが持つアイデンティティーから導き出されたストーリーは、コミュニケーションの源となり、永い時間をかけて多くの人達によって育まれてゆく、遺すべき大切な資産となることでしょう。

アートディレクター(社内)、デザイナー(社内)、プランナー(社外)

30万円〜(小規模短期)/60万円〜(中規模以上)

SPECIALTY商品開発/パッケージ

私たちは、動機を与えるパッケージデザインを提案します。そのために大切にしていることは、“感覚”へのアプローチです。時にシズル感という言葉に置き換えられる“感覚”は、味覚だけでなく体験をも含めた共有感覚と考えます。それが共感につながり「動機を与えるパッケージデザイン」を生むのです。

アートディレクター(社内)、デザイナー(社内)、カメラマン(社外)、イラストレーター(社外)、コピーライター(社外)、プランナー(社外)、ストラテジスト(社外)

30万円〜(小規模短期)/60万円〜(中規模以上)

SPECIALTYパンフレット/冊子

私たちの提唱するアイデンティティーは、デザインである前にストーリーが存在します。冊子やパンフレットというメディアは、そのストーリーがもつ世界観を拡げるコミュニケーションツールの一つとして大切な役割を果たします。手にしたくなる、頁を開きたくなる、魅力ある冊子を一緒につくりましょう。

アートディレクター(社内)、デザイナー(社内)、カメラマン(社外)、イラストレーター(社外)、ライター(社外)、

30万円〜(小規模短期)/60万円〜(中規模以上)

WORKS制作事例の紹介

WORKS

東京ステーションホテル V.I

これからの100年を、濃藍色にのせて。
国指定重要文化財というハードと人々の営みというソフトの魅力を同時にあらわした独自のブランドマークです。窓に明かりが灯る頃、東京駅舎は「濃藍色(こいあいいろ)」に染まります。 駅舎がホテルへと変わる、その「時」が色に込められています。
DATE2012年11月〜
CLIENT日本ホテル(株)、(株)ジェイアール東日本企画
DETAILブランディング、V.I、ロゴマニュアル、アプリケーション、施設ロゴ等
WORKS

(株)ありあけ C.I/横濱ハーバー ロゴ リデザイン

旧C.Iの社長の想いがこもった直筆の筆跡を受け継ぐことを意識し、レトロモダンの要素を新C.Iのフォルムに取り入れました。「横濱」の文字は、社名「ありあけ」と商品名「ハーバー」を横断できる書体選びで、エレメントを微細に調整。この機に「ハーバー」ロゴのリファインも行っています。
DATE2016年1月〜
CLIENT(株)ありあけ、(株)スタープロセス
DETAILブランディング、C.I、ロゴマニュアル
WORKS

馬車道商店街150年記念ロゴ

"歴史の轍から、未来の轍へ。
150年の歴史に刻まれた幾多の轍(わだち)と未来の轍をシンボルに、 都市フォント「濱明朝」を組み合わせたロゴタイプです。馬車道ブラウンが映えるサーモンピンクを選び、 オールドタウン馬車道150年記念を祝うにふさわしいアニバーサリーロゴとなりました。"
DATE2015年11月〜
CLIENT馬車道商店街協同組合
DETAILバナーフラッグ、アプリケーション、ユニフォーム、オリジナル切手・グッズ等
WORKS

自転車文化センター V.I/サイン

自転車文化センターをより親しみやすくする愛称として、BCC(Bicycle Culture Center)を提案。車輪が回転する姿をステンシル型の3つの輪に定着させました。サインでもステンシルやモノトーンを主体に、グラフィックでは熱量を表す朱のオレンジをアクセントとしています。
DATE2014年4月〜
CLIENT(一財)日本自転車普及協会、(株)TANK、加藤住吉
DETAILブランディング、V.I、ロゴマニュアル、アプリケーション、施設サイン等
WORKS

サガミハム直売店 V.I / 店舗グラフィック

「直売店」と「DELI&GIFT」のネーミングで、日常使いと贈り物らしさを両立させています。店舗グラフィックや直売店オリジナル商品のパッケージはセピアを基調カラーとし、壁面ペイントなど随所でハムのシズル感を感じさせる演出を施しています。店舗設計は建築設計加藤住吉+TANK。
DATE2015年11月〜
CLIENT相模ハム(株)
DETAILブランディング、V.I、アプリケーション、パッケージ、店舗グラフィック、ユニフォーム提案等
WORKS

動機を与えるパッケージデザイン

大手のマスプロダクトから、中小規模のハンドメイドプロダクトまで、パッケージは常に大切なコミュニケーションツールの一つとして存在します。味覚はもちろんのこと、体験にともなうシズル感をまとったパッケージは、人に伝えたくなる「動機を与えるパッケージデザイン」となることでしょう。
DATE2015年7月〜
CLIENT(株)横濱屋本舗、(株)エクスポート、アプリュス、(株)粘土科学研究所
DETAILパッケージ、キャラクター、ネーミング、ブランディング
WORKS

横浜を舞台に

横浜を拠点に活動を始めた2010年から数々のプロジェクトに携わらせていただいてます。横浜の地域としての魅力を内外に知ってもらうためのプロジェクトひとつひとつが、シビックプライドの高まりにつながって欲しいという思いで、これからも私たちの役割を果たしてゆきたいと考えます。
DATE2010年11月〜
CLIENT横浜市文化観光局、横浜市都市デザイン室、日の丸自動車興業(株)
DETAILV.I、ロゴ、バナーフラッグ、ポスター、アプリケーション、車両ラッピング等
WORKS

再生紙のイス Mould Chair

グラフィックデザイナーが紙の可能性を考えたら立体になりました。タマゴのパックや生分解性植木鉢で用いられる再生紙のモールド製法で、小さなイスをオリジナルプロダクトとしてデザインしロンドンや東京で発表。環境や循環を考えるきっかけとなるプロジェクトに対する想いは現在も継続しています。
DATE2001年10月〜
CLIENT(有)天野和俊デザイン事務所
DETAILオリジナルプロダクト、グラフィック、アプリケーション、展示ブース等

CONTACTお問い合わせ

TEL

有限会社 天野和俊デザイン事務所へ電話でのお問い合わせはこちら

045-641-9066

MAIL FORM

有限会社 天野和俊デザイン事務所へメールでのお問い合わせはこちら