ドックヤードガーデン活用事業運営団体募集 公募結果 2013.12.02

  • LINEで送る
  • mail

ドックヤードガーデン活用事業運営団体募集について、
11月19日(火)選考委員会を開催し、以下のとおり決定いたしました。

優先交渉権者 第一位 株式会社リビタ

【選考講評】
 優先交渉権者第一位となったリビタ株式会社の提案にある「大人の部活動」というコンセプトは、市民が創造都市施策の主体を担うこれまでにない新しい視点が含まれています。また、不動産の活用モデルとしてシェアオフィスではない新しい提案であり、意欲的な企画であると評価しました。今回の提案がドックヤードガーデンという歴史的建造物を活用し、単なる「部活動」の場に留まらず、それらが街に開かれることで様々な交流が生まれ、広い意味で市民の創造的活動の素地となる可能性を感じました。この場をきっかけに、みなとみらい21地区の就業者、住民、来街者が、「創造都市横浜」を知るきっかけとなり、また関内・関外地区に展開されている「創造都市横浜」のエッセンスが、みなとみらい地区に繋がり、横浜市全体の創造産業振興に寄与されることを強く期待して採択します。
 なお、優先交渉権者第二位には、株式会社ツクルバを選考しました。

(参考)
ドックヤードガーデン活用事業運営団体募集について
http://acy.yafjp.org/news/2013/290.html