「わが父、ジャコメッティ」(2014.10.11.-10.13)

  • LINEで送る
  • mail

「本質とは仮面である:自身をジャコメッティだと思い込む父、父の幻想に巻き込まれる息子、ふたりが送る奇妙な演劇的生活」
20世紀美術史に大きな足跡を残した芸術家、アルベルト・ジャコメッティ。 極限まで切り詰められた痩身の塑像でよく知られているが、同時に彼は多くの肖像画も残している。 そのモデルとなった彼の身近に居た人たちの中に一人の日本人がいた。 彼こそ矢内原伊作、ジャコメッティとの濃密な対話すべてを記録に残した男である。 本作品では、伊作の残した対話記録を基盤としつつも、更にその上に別の層、とある父と子――すなわち演出家である 危口(木口)統之とその父、齢70を越えた洋画家である木口敬三――の物語が重ね合わされることになるだろう。 これは世に数多と存在する二項対立を巡るドラマである。

■実施日時
2014年
10月11日(土) 13:00/18:00
10月12日(日) 13:00☆/18:00
10月13日(月祝) 13:00
☆託児サービス 公演一週間前までに要予約、有料
[問合せ]イベント託児マザーズ Tel:0120−788−222

■会場
KAAT神奈川芸術劇場〈中スタジオ〉
横浜市中区山下町281 Tel:045−633−6500

■チケット料金
(日時指定・全席自由席・整理番号付)
一般 前売/当日:3,000円/ 3,500円
シルバー:2,500円 U24(24歳以下):1,500円 高校生以下:1,000円
※シルバー、U24、高校生以下はチケットかながわのみの取扱
※車イスでご来場の方は、事前にチケットかながわにお問合せください。
※未就学児はご入場いただけません。

■チケット取扱
①チケットかながわ◎http://www.kaat.jp tel:0570-015-415(10時~18時)
窓口: KAAT(10 時~18 時)/音楽堂(13 時~17 時・月休み)
②チケットぴあ◎http://pia.jp tel:0570-02-9999(P コード:438-877)
③e+(イープラス)◎http://eplus.jp/kaat

『わが父、ジャコメッティ』
作・演出:危口統之
原案:「ジャコメッティ」「完本 ジャコメッティ手帖」矢内原伊作 / みすず書房
――――――――――
出演:木口敬三、木口統之、大谷ひかる
映像:荒木 悠
音楽:阿部海太郎
照明:大島 真(KAAT神奈川芸術劇場)
字幕操作:木口啓子
舞台監督:佐藤 恵
グラフィックデザイン:宮村ヤスヲ
制作:悪魔のしるし
   岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)澤藤 歩(KAAT神奈川芸術劇場)
――――――――――
主催:悪魔のしるし、KAAT神奈川芸術劇場
企画:悪魔のしるし/KAAT神奈川芸術劇場
製作:悪魔のしるし
共同製作:KAAT神奈川芸術劇場/KYOTO EXPERIMENT
助成:公益財団法人セゾン文化財団
   公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
   アーツ・コミッションヨコハマ
  
参加:第21回神奈川国際芸術フェスティバル
   ヨコハマトリエンナーレ2014サポートプロジェクト
   
■特設WEBサイト
http://www.akumanoshirushi.com/GIACOMETTI.htm

 

 

 

6月26日 試演会+公開ミーティングより

6月26日 試演会+公開ミーティングより

●開催日
2014年10月11 日(土)~10月13日(月・祝)

●会場
KAAT神奈川芸術劇場〈中スタジオ〉
横浜市中区山下町281

●交付対象者
悪魔のしるし

●助成名
平成26年度 創造都市横浜における創造的活動支援助成