『RE/PLAY(DANCE Edit.)』(2014.2.14.-16)

  • LINEで送る
  • mail

『RE/PLAY(DANCE Edit.)』は、多田淳之介率いる東京デスロックが2011年に発表した演劇作品『再/生』をベースに、俳優をダンサーに置き換えて関東ダンサーと創作する試みです。

オリジナルは、死に逝く人々の物語を連続して繰り返し、疲弊していく身体から圧倒的な“生”を描き出し、演劇界に衝撃を与えた2006年初演の多田淳之介作・演出『再生』。5年の歳月を経て発表された改訂版『再/生』では、反復する身体を通して、再生に向かっていこうとする人間を描き出しています。

ダンスバージョンの『RE/PLAY』は、きたまりがディレクターを務めた「We dance 京都2012」における「演劇とダンス/身体性の交換」と題した上演プログラムのひとつ。関西拠点の8人の振付家・ダンサーの強靭な身体を多田淳之介が仕掛ける劇構造の圧倒的な力で演出し、ダンスの身体の新たな可能性を浮かび上がらせた問題作です。

本作『RE/PLAY(DANCE Edit.)』は、関東拠点の振付家・ダンサーによるリ・クリエーションで、共同プロデューサーのきたまり、振付演出・ダンサーとしても評価の高い岩渕貞太・遠田誠・北尾 亘に加え、ワークショップ形式のオーディションにより選出された4人のダンサーが出演。多様なキャリアの8人のダンサーがそれぞれ自ら振付けた動きを提出しながら、多田演出のもと、舞台芸術の身体性について共に考え、探求し、交換する作業を重ねてひとつの作品を創り上げます。

 

タイトル:RE/PLAY(DANCE Edit.)』(新演出/上演時間:70分)

演出:多田淳之介(東京デスロック)
振付・出演
岩渕貞太、遠田 誠、北尾 亘、きたまり、伊東歌織、岡田智代、花田雅美、林 七重

舞台監督:三津 久 照明:岩城 保 音響:泉田雄太 
フライヤー&ウェブデザイン:加藤和也 制作:岡崎松恵

日時:2014年2月14日(金)15時|15日(土)15時|16日(日)17時
※受付:開演の30分前/開場:開演の20分前

会場:急な坂スタジオ  ホール http://kyunasaka.jp/
アクセス:京浜急行線「日ノ出町駅」から徒歩5分、JR・市営地下鉄線「桜木町駅」から徒歩10分

チケット:前売  一般2,500円/学生2,000円|当日  一般3,000円/学生2,500円
TPAM参加登録者特典:¥2,000
※TPAM参加登録者特典についてはこちらをご参照下さい。
http://www.tpam.or.jp/2014/participation/

チケット予約フォーム
(2014年1月11日10:00より受付開始)

 

※関連企画
2月14日(金)・15日(土)/急な坂ラウンジOPEN
2月16日公演終了後/アフタートーク 出演:多田淳之介・きたまり(英語通訳あり)

主催:きたまり、NPO法人Offsite Dance Project
共催:急な坂スタジオ
助成:アーツコミッション・ヨコハマ 先駆的芸術活動支援助成、神奈川県
制作協力:STスポット、東京デスロック

 

 

 

「RE/PLAY」京都公演(2012.2.4 @元・立誠小学校)

We dance 京都2012『RE/PLAY』@元・立誠小学校

●開催日
2.14.fri.-16.sun

●会場
急な坂スタジオ  ホール
横浜市西区老松町26-1

●交付対象者
きたまり

●助成名
平成25年度 先駆的芸術活動支援助成