TOPICS

イベント
2022/09/09
10月1日追記 10月1日(土)より ミナトノARアートフェスティバルが先行開催。 ミナトノアート公式WEBサイトもオープンしました。 https://minatonoart.jp 10月14日(金)から31日(月)で開催されるアートイベント「ミナトノアート2022」(主催:ミナトノアート2022実行委員会)の情報が本日リリースされました。   アートギャラリーやショップ、百貨店など、約30会場による特別企画展をはじめ、スマホをかざすと街なかに巨大なAR(拡張現実)アートが出現するアジア最大規模のソーシャルARアートフェスティバルなど、盛りだくさんな内容で開催されます。   詳しくはこちらから。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000911.000014302.html
マガジン
2022/09/30
創造都市・横浜を経由して様々なフィールドで活躍するアーティストやクリエイターたちが寄稿するシリーズ「around YOK」。第11回は、アーツコミッション・ヨコハマによるクリエイティブ・インクルージョン活動助成に2017年度・2018年度に参加した映画監督の坪田義史さん。 around YOK vol.11『僕らは発達する』 坪田義史さん 発達障害と診断された坪田監督が、発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父・まことさんの日常を捉えた長編ドキュメンタリー作品『だってしょうがないじゃない』は、2019年10月に釜山国際映画祭 Wide Angle部門に出品するなど、国内外の映画祭への出品の他、国内の福祉の現場を中心に上映を重ねて、様々な反響を呼んでいます。 今回は、坪田監督が捉えている“世界”や、新型コロナウィルス感染症のパンデミックを経た“今”などを書き綴っていただきました。
マガジン
2022/09/16
創造都市横浜WEBマガジンでは、メンタルヘルスに不調がある人たちが自らの経験や言葉をもとにオリジナル劇をつくり、ワークショップを行う「OUTBACK(アウトバック)アクターズスクール」の校長中村マミコさんのインタビューを公開しました。   メンタルヘルスに不調を抱えている人たちが「未知なる大地」へ踏み出すために――OUTBACKアクターズスクール校長 中村マミコさんインタビュー   メンタルヘルスに不調がある人たちが、自らの経験や言葉をもとにオリジナル劇をつくり、ワークショップを行う「OUTBACK(アウトバック)アクターズスクール」。2021年4月に開校し、約20人の一期生がプロの俳優らとともに演劇をつくり同年11月に初公演を開催しました。2022年4月からは二期がスタート。10回以上にわたるワークショップを経て、秋の公演に向けた準備をすすめています。メンバーの実際の体験をもとに、脚本、音楽などプロの手も入れて、一つの物語をつくりあげます。「演劇は声をあげる練習の場」だという、OUTBACKアクターズスクール校長の中村マミコさんにお話を聞きました。
マガジン
2022/08/31
創造都市横浜WEBマガジンでは、8月4日(木)に開催したアーツコミッション・ヨコハマ(以下、ACY)の発足15周年を記念したフォーラム「クリエイターとともに、都市と芸術の交わる“新領域”をさがす」のレポートを公開しました。 ACY15周年記念フォーラム 開催レポート 2007年7月の発足以来、クリエイター、アーティストと共に“新領域”を求めて、様々な実験的プログラムを行ってきたACY。フォーラムでは、12人の有識者、クリエイター、アーティストとともに15年の軌跡を振り返りつつ、横浜の“今”を知り、これからの横浜やACYの可能性や“新領域”について話し合った様子をレポートします。
助成
2022/08/12
○佐藤朋子 公開制作vol.2 佐藤朋子 狐・鶴・馬 開催期間:2022年5月28日(土)~9月11日(日) 会場:長野県立美術館 https://nagano.art.museum/exhibition/publicproduction02 レクチャーパフォーマンス 日時:2022年8月14日(日)①11:00~/②15:00~ 会場:長野県立美術館 本館1F 交流スペース https://nagano.art.museum/event/publicproduction02_event2   ○下島礼紗 Hong Kong Dance Exchange 現地アーティストとの共同制作・発表 https://www.hdx.com.hk/geyser/ The 4th HOT POT East Asia Dance Platform 『黙れ、子宮』再演 http://www.sidance.org/2022EN/program/prgm_view_hot.php?num=657
助成
2022/07/15
○佐藤朋子 公開制作 会場:長野県立美術館 https://nagano.art.museum/exhibition/publicproduction02   ○小暮香帆 ”NOWNESS ASIA”にて『Atophied』公開。 (動きのアドバイザーとして参加した映像作品) https://www.nowness.asia/story/atrophied-takachrome  

SERVICE

SERVICE

アーティスト・
クリエイターの方

  • 創作の場、発表の場を探している
  • 活動するための情報が知りたい
  • 広報について知りたい
  • 活動資金を調達したい
助成制度について

企業・行政・
教育機関の方

  • 保有物件、スペースを活用したい
  • イベントや企画の相談がしたい
  • 創造都市横浜の調査、視察をしたい
  • これまでのACYの活動を知りたい
事業報告書
  • 横浜のクリエイターに仕事を依頼したい

アーツコミッション・
ヨコハマ
の情報発信

  • 横浜でアートツーリズムを楽しむためのヒト・コト・モノを紹介するウェブマガジン
ウェブマガジン『創造都市横浜』
  • スタッフが語るACYのあれこれや、事業の裏側などを不定期に発信
ACY note

アーツコミッション・
ヨコハマの情報発信

  • 横浜でアートツーリズムを楽しむためのヒト・コト・モノを紹介するウェブマガジン
  • スタッフが語るACYのあれこれや、事業の裏側などを不定期に発信
ACY note

ABOUT

アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)は、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が運営する「芸術文化と社会を横断的に繋いでいくための中間支援」のプログラムです。

横浜市の掲げる文化芸術創造都市施策の実現に向け、都心臨海部におけるアーティスト、クリエイター、企業、行政、大学、NPO、非営利団体等の創造の担い手が活動しやすい環境づくりを推進します。