2007〜2015年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

横浜市創造都市交流セミナー/マッシュアップミーティング in TPAM 「クリエイティヴィティと都市の可能性-ポートランド“PICA”の事例をもとに」

①関内外OPEN!2 “日常を変える48の創造力と出会う。”(YCC)

日時 平成 22 年 9 月 11 日(土)、12 日(日)
内容 横浜の関内・関外エリアにオフィスやアトリエを構える建築家やデザイナー、アーティスト等の創造の担い手が主体となって、期間限定で自らのスタジオを一般に公開。本事業を通じて、市民に普段は見ることのできない創造の現場に触れる機会を提供するとともに、同エリアに集積する創造の担い手間のネットワークを形成した。8つのコースからなるツアーと交流会、各種イベントを行い、運営やツアーガイドには学生インターンが主体となって取り組んだ。【来場者数:延べ 1380 名、参加団体数:48 団体、インターン数:10 名】

協働主体 主催:関内外OPEN!2 連絡協議会
協力:BankART1929、BOAT PEOPOLE Association、黄金町エリアマネジメントセンター、国際コンテナターミナル株式会社、ホステル・ポルト・ヨコハマ、有限会社本町ビル、森ビル株式会社、株式会社八楠、ほか

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/projects/2007/18347/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じカテゴリーの主催事業

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

経済人とクリエイターをつなぐ「ハマの大喜利」。 2021年度は、世話人となる中華街・状元樓によるお題「地域とレストランの持続可能性を高める Food, Place, and Authenticityを踏まえ状元樓(中華街… もっと読む »

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利 2020年度

経済人とクリエイターをつなぐ「ハマの大喜利」。 初年度となる2020年度は、株式会社ありあけ、株式会社旭広告社、株式会社テレビ神奈川/株式会社tvkコミュニケーションズ(開催順)を世話人に迎え、参加クリエイター達がアイデ… もっと読む »

2018年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

2020年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、よこはま動物園ズーラシア(旭区)を舞台として環境をテーマに開催。横浜の魅力の多様性を参加者に伝えるとともに、クリエイティブと動物園の新たな可能性を開きました。 WE… もっと読む »

2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2019年度

2019年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディア・プランの立案を目指し、横浜を拠点に活躍するステークホルダー・クリエイターをファシリテータに迎え、業種を超えた参… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2018年度

2018年度からスタートした「WE BRAND YOKOHAMA」。 初回は、横浜を拠点に国内外で活躍されるデザインストラテジスト・太刀川英輔さん(NOSIGNER)の発案のもと、新たな横浜像をつくるプロジェクトを生むこ… もっと読む »