2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

もっと横浜を魅力的に、もっとアートやデザインを身近に、を合言葉に横浜の未来のまちづくりに向け、人の出会いを生み出す企画「ハマの大喜利」は、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)が取り組むプラットフォーム事業の一環として、2020年8月に横浜の経済人、クリエイターと協働のもとスタートしたプログラムです。

第1回「ハマの大喜利」
お題「ありあけが、横浜に新名所をつくるとしたら?」

日時:2020年8月21日(金)14:30~17:00
実施場所:オンライン
中継会場:BUKATSUDO(横浜市西区みなとみらい)

クリエイター・プレゼンテーション:
井上仁行(パンタグラフ
鈴木高祥、川島史(BUKATSUDO
矢内原充志(スタジオニブロール
小田桐奨(LPACK.
杉崎栄介(アーツコミッション・ヨコハマ

第一回世話人:株式会社ありあけ代表取締役社長 堀越隆宏
幹事:菊嶋秀生、岡部祥司

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/projects/2020/39789/

関連リンク

クリエイターと経済人が協働する、横浜の新たな魅力創出のきっかけづくり――「ハマの大喜利」レポート | 創造都市横浜
クリエイターと経済人が協働する、横浜の新たな魅力創出のきっかけづくり――「ハマの大喜利」レポート | 創造都市横浜

アーツコミッション・ヨコハマが取り組む「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」とは? 創造の担い手をサポートするアーツ…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じカテゴリーの主催事業

2018〜2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

文化芸術創造都市横浜の取り組みの一環として、企業、行政、クリエイターらが参加し、横浜の未来に向けたプロジェクトを起こすきっかけになるようなワークショップを実施しました。 「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディ… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

創造的思考で解く横浜の未来

ACYの新たな取り組みとして、2016年から、横浜市と横浜市芸術文化振興財団の共同で「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」の形成を行っています。 これまで、文化芸術創造都市・横浜プラットフォームでは、「横浜の未来にひ… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

公共空間活用調査

文化芸術創造都市・横浜プラットフォームの一環として「公共空間活用調査」を関係する横浜市内の19の企業と局課に行いました。 対象エリアは、横浜らしい“市民に開かれた水辺空間”の、みなとみらい21地区の公共空間。水辺の公共空… もっと読む »

2016年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

横浜の未来にひらく“100 の種”

文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム・ミーティング これまでのACYの相談対応、アーティスト・クリエイター支援等の実績を踏まえ、横浜版アーツカウンシルの実現や新たな機能や推進体制の構築に向けてのプラットフォームの設置を… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA

企業、行政、クリエイター、学識者、市民団体、NPO 等の創発型ネットワークの形成を目指して企画した『2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA』は、開港 200 年となる 2059 年の未来の横浜を考えるク… もっと読む »