文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム - 主催事業

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

もっと横浜を魅力的に、もっとアートやデザインを身近に、を合言葉に横浜の未来のまちづくりに向け、人の出会いを生み出す企画「ハマの大喜利」は、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)が取り組むプラットフォーム事業の一環として、… もっと読む »

2018〜2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

文化芸術創造都市横浜の取り組みの一環として、企業、行政、クリエイターらが参加し、横浜の未来に向けたプロジェクトを起こすきっかけになるようなワークショップを実施しました。 「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディ… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

創造的思考で解く横浜の未来

ACYの新たな取り組みとして、2016年から、横浜市と横浜市芸術文化振興財団の共同で「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」の形成を行っています。 これまで、文化芸術創造都市・横浜プラットフォームでは、「横浜の未来にひ… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

公共空間活用調査

文化芸術創造都市・横浜プラットフォームの一環として「公共空間活用調査」を関係する横浜市内の19の企業と局課に行いました。 対象エリアは、横浜らしい“市民に開かれた水辺空間”の、みなとみらい21地区の公共空間。水辺の公共空… もっと読む »

2016年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

横浜の未来にひらく“100 の種”

文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム・ミーティング これまでのACYの相談対応、アーティスト・クリエイター支援等の実績を踏まえ、横浜版アーツカウンシルの実現や新たな機能や推進体制の構築に向けてのプラットフォームの設置を… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA

企業、行政、クリエイター、学識者、市民団体、NPO 等の創発型ネットワークの形成を目指して企画した『2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA』は、開港 200 年となる 2059 年の未来の横浜を考えるク… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

横浜の水辺に広がる公共空間の創造的な活用調査

横浜ならではの魅力を持つ横浜都心臨海部の空間活用をテーマとして、横浜市19の企業と局課に意見を聞きり調査しました。(文化芸術創造都市横浜プラットフォーム実験事業調査) 横浜都心臨海部活性化の視点から、芸術やデザインと社会… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

「横浜という体験」をデザインする講座

ますます多様化 ・国際化が進む社会の中で、あらためて「横浜」という都市の個性やアイデンティティを文化施設や企業の現場で働く職員とクリエイターが共に考えていくことを目指した講座。 まちの人たちにとって、横浜で暮らし、横浜で… もっと読む »

2007〜2015年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

マッチングコーディネーター モデル事業

横浜市内の中小企業支援と、創造都市に集積するクリエーター支援を目的に、双方をマッチングさ せることで横浜ならではの新たなビジネスを生み出すプロジェクト。 プロデューサーの Co-lab の田中陽明氏を筆頭に、コンサルタン… もっと読む »

2007〜2015年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

スローレーベル事業の委託

象の鼻テラスが進める横浜ランデヴープロジェクト実行委員会に参画し、スローレーベルの事業費を 負担金として支出しています。