2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA

企業、行政、クリエイター、学識者、市民団体、NPO 等の創発型ネットワークの形成を目指して企画した『2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA』は、開港 200 年となる 2059 年の未来の横浜を考えるクリエイションキャンプとして、今後横浜の未来に関わることが期待されるキーパーソン 44 名が集まり、共創を行う1日となりました。
産学官越えて集った参加者は普段の肩書を外し、未来にまつわる対話や協働クリエイションを重ねることで、横浜への想いやアイデアを互いに共有しました。
今回ののクロスオーバーによって、これから社会実験や社会変革といったアクションが起きることを期待して第一回目を終えました。

●日時:2018 年 2 月 25 日(日)
●会場:横浜みなとみらいホール、横浜美術館
●参加者: 44 名
●対象者:企業、行政、クリエイター、学識関係、市民団体、NPO 等
●企画クリエイター:NOSIGNER 太刀川英輔
●内容:プレゼンテーション、グループワーク、合同ワークショップなどで構成。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/projects/2016/18294/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じカテゴリーの主催事業

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

経済人とクリエイターをつなぐ「ハマの大喜利」。 初年度は、株式会社ありあけ、株式会社旭広告社、株式会社テレビ神奈川/株式会社tvkコミュニケーションズ(開催順)を世話人に迎え、参加クリエイター達がアイデアをプレゼンテーシ… もっと読む »

2018年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

2020年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、よこはま動物園ズーラシア(旭区)を舞台として環境をテーマに開催。横浜の魅力の多様性を参加者に伝えるとともに、クリエイティブと動物園の新たな可能性を開きました。 WE… もっと読む »

2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2019年度

2019年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディア・プランの立案を目指し、横浜を拠点に活躍するステークホルダー・クリエイターをファシリテータに迎え、業種を超えた参… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2018年度

2018年度からスタートした「WE BRAND YOKOHAMA」。 初回は、横浜を拠点に国内外で活躍されるデザインストラテジスト・太刀川英輔さん(NOSIGNER)の発案のもと、新たな横浜像をつくるプロジェクトを生むこ… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

創造的思考で解く横浜の未来

ACYの新たな取り組みとして、2016年から、横浜市と横浜市芸術文化振興財団の共同で「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」の形成を行っています。 これまで、文化芸術創造都市・横浜プラットフォームでは、「横浜の未来にひ… もっと読む »