2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

公共空間活用調査

文化芸術創造都市・横浜プラットフォームの一環として「公共空間活用調査」を関係する横浜市内の19の企業と局課に行いました。
対象エリアは、横浜らしい“市民に開かれた水辺空間”の、みなとみらい21地区の公共空間。水辺の公共空間をつなぐことで、横浜の都市の軸線や歴史を顕在化させて、横浜の魅力をもう一度価値として気づかせてくれるようなイルミネーション企画を仮説として立て、そこに関係する行政や企業に調査を行い、報告書にまとめました。

この調査は、横浜都心臨海部活性化の視点から、芸術やデザインと社会の関係性を調査することで、文化芸術創造都市施策によって横浜に集まったアーティストやデザイナー、クリエイターの活躍の場を増やし、そのブランド力を強化していくことを目指しています。

●テーマ:「横浜ならではの魅力を持つ横浜都心臨海部の空間活用」
●仮説:イルミネーション企画
●調査期間:2018年2月~3月
●調査対象:横浜市内19 の企業、局課。
●調査内容:横浜の水辺に広がる公共空間の創造的な活用について
●調査方法:聞き取り調査
●対象エリア:みなとみらい21地区の公共空間(グランモール公園、美術の広場、円形広場・ドックヤードガーデン、日本丸、汽車道、運河パーク、新港中央公園、赤レンガ倉庫、象の鼻パーク)
●企画クリエイター:株式会社スタジオゲンクマガイ(stgk Inc.) 熊谷玄

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/projects/2018/18278/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じカテゴリーの主催事業

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

もっと横浜を魅力的に、もっとアートやデザインを身近に、を合言葉に横浜の未来のまちづくりに向け、人の出会いを生み出す企画「ハマの大喜利」は、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)が取り組むプラットフォーム事業の一環として、… もっと読む »

2018〜2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

文化芸術創造都市横浜の取り組みの一環として、企業、行政、クリエイターらが参加し、横浜の未来に向けたプロジェクトを起こすきっかけになるようなワークショップを実施しました。 「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディ… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

創造的思考で解く横浜の未来

ACYの新たな取り組みとして、2016年から、横浜市と横浜市芸術文化振興財団の共同で「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」の形成を行っています。 これまで、文化芸術創造都市・横浜プラットフォームでは、「横浜の未来にひ… もっと読む »

2016年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

横浜の未来にひらく“100 の種”

文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム・ミーティング これまでのACYの相談対応、アーティスト・クリエイター支援等の実績を踏まえ、横浜版アーツカウンシルの実現や新たな機能や推進体制の構築に向けてのプラットフォームの設置を… もっと読む »

2017年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA

企業、行政、クリエイター、学識者、市民団体、NPO 等の創発型ネットワークの形成を目指して企画した『2059 FUTURE CAMP in YOKOHAMA』は、開港 200 年となる 2059 年の未来の横浜を考えるク… もっと読む »