2018年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 映像 演劇

太田 信吾(2018年度)

映画監督・演出家・俳優。1985年生まれ。長野県出身。早稲田大学文学部にて哲学・物語論を専攻。大きな歴史の物語から零れ落ちるオルタナティブな物語を記憶・記録する装置として映像制作に興味を持つ。初の長編ドキュメンタリー映画となる『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2013で公開後、世界12カ国で配給。俳優として演劇作品のほか、TVドラマに出演。2017年には初の映像インスタレーション・パフォーマンス作品を韓国のソウル市立美術館で発表した。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2018/55959/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じ助成の採択事業