2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト 舞踊

高齢者パーソナルプログラム「おうち劇場」

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成採択者の舞踏家・加藤道行氏が、協力アーティスト達と共に行っている『高齢者パーソナルプログラム「おうち劇場」』は、様々な理由でアートに触れる機会が少なくなった高齢者のお宅にアーティストが訪問し、歌や踊りを行うことで、こころ休まる楽しい場をつくりだしています。

「おうち劇場」では、歌や踊りを中心に、アーティスト・認知症等当事者・その家族など、様々な人たちが集い、認知症当事者の方がいるからこそできる交流の場をつくりだしています。「おうち劇場」は、アーティストだけが一方向で表現するのではなく、その場にいる人も一緒に表現する双方向性を持ったワークショップの要素も入れながら、即興性を重視して多くの人が気軽に参加できるようなプログラムです。
この取り組みで、認知症等であってもアートを通じて豊かに生きることができるということ、また、アーティストの新たな社会貢献の在り方のモデルが示せることを期待しています。

 

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2020/34540/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

家を劇場にし、時空を越えて集まる舞踏家たち。踊ることで老いの価値をつなぐ。 | 創造都市横浜
家を劇場にし、時空を越えて集まる舞踏家たち。踊ることで老いの価値をつなぐ。 | 創造都市横浜

  きっかけは舞踏家・大野一雄 加藤道行さんが70歳代の男性Tさんのことを知ったのは2018年のことだ。Tさんは、舞踏家…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト ワークショップ 文化交流 美術

双方向性コミュニケーションアートで多文化の心をつなぐ「やさしさの花」アートリレー

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成に採択されたアート団体「LITTLE ARTISTS LEAGUE 」は、横浜を拠点に次世代を担う子どもたちがアートを通して多様な表現力とグローバル思考を育むことをミッ… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 パフォーマンス プロジェクト ワークショップ 映像 福祉 音楽

病児者・障がい児者・ご家族・関係者へのオンライン・パフォーマンスデリバリー

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成に採択された心魂プロジェクトは、「ワクワク・ドキドキ・感動は全ての人に与えられた権利である 」という理念の元に、2005年から、難病児・障がい児・きょうだい児・ご家族へ… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト リサーチ 文化交流 美術

同じ月を見た日(アイムヒア プロジェクト)

現代美術家の渡辺篤氏は本助成での活動継続3年目。1年目の2018年度、2年目の2019年度と引きこもり当事者や社会全体に向けて「アイムヒアプロジェクト」を展開してきました。 「アイムヒアプロジェクト」は、2018年、「ひ… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト まちづくり リサーチ ワークショップ 文化交流 美術

寿町で子どもたちと山車まつりをしたいっ2020

2020年度のクリエイティブ・インクルージョン活動助成、継続採択者の美術家・竹本真紀氏は、青森県八戸市出身で長年、横浜・黄金町を拠点に寿町で活動を続けているアーティスト。寿町の様々な場所で見られる「コトブキンちゃん」の生… もっと読む »