2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト まちづくり リサーチ ワークショップ 文化交流 美術

寿町で子どもたちと山車まつりをしたいっ2020

2020年度のクリエイティブ・インクルージョン活動助成、継続採択者の美術家・竹本真紀氏は、青森県八戸市出身で長年、横浜・黄金町を拠点に寿町で活動を続けているアーティスト。寿町の様々な場所で見られる「コトブキンちゃん」の生みの親です。

本助成採択一年目の2019年度は、寿町で子どもたちや地域住民と一緒に山車をつくり、子どもたちと寿町の中を山車を曳いて練り歩く山車まつりアートプロジェクトを行いました。
山車のデザインワークショップに参加した子どもたちのアイデアを基にデザインした山車を、子どもたちや地域住民と一緒に作り上げ、一緒に曳いて練り歩くこのプロジェクトは、色々な立場の人たちがアートを使って一緒に一つのものを作り上げるという作業を通して、都市における新しい共同性の在り方や、社会の新たな側面に気づかせるきっかけとなりました。

二年目の2020年度は、昨年と同じく山車を作ることはもちろんのこと、昨年は実現できなかった、おはやしをつくることを目標にしています。このおはやしは、竹本氏が寿町の日常の音をリサーチし、同じく青森県八戸市出身の音楽家・大谷能生氏に制作を依頼しています。
今年は、社会的な状況があるため、山車まつりは行えませんが、2020年11月14日の「ことぶきセンターまつり」でおはやしの発表と山車の展示を行います。
山車づくりは今年も、横浜市寿健康福祉交流センターで寿町の子ども達のアイデアを基にデザインした山車を、様々な人が参加して制作する予定です。
※新型コロナウィルス感染拡大の影響で、2020年度のことぶきセンターまつりは開催されないことが決定しました。

いろんな人が、地域、世代、個性といった様々な違いを超えてつながっていくことができる。そんな可能性を持っている取り組みです。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2020/34459/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

子どもたちと作り上げた“山車まつり”で見えた寿町の顔 美術家・竹本真紀さん
子どもたちと作り上げた“山車まつり”で見えた寿町の顔 美術家・竹本真紀さん

中区黄金町、長者町、寿町と、今もまちの浄化や再生、安全・安心の確保に取り組むエリアに深く関わってきた竹本真紀さん。祭りに…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト 舞踊

高齢者パーソナルプログラム「おうち劇場」

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成採択者の舞踏家・加藤道行氏が、協力アーティスト達と共に行っている『高齢者パーソナルプログラム「おうち劇場」』は、様々な理由でアートに触れる機会が少なくなった高齢者のお宅… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト ワークショップ 文化交流 美術

双方向性コミュニケーションアートで多文化の心をつなぐ「やさしさの花」アートリレー

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成に採択されたアート団体「LITTLE ARTISTS LEAGUE 」は、横浜を拠点に次世代を担う子どもたちがアートを通して多様な表現力とグローバル思考を育むことをミッ… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 パフォーマンス プロジェクト ワークショップ 映像 音楽

病児者・障がい児者・ご家族・関係者へのオンライン・パフォーマンスデリバリー

2020年度クリエイティブ・インクルージョン活動助成に採択された心魂プロジェクトは、「ワクワク・ドキドキ・感動は全ての人に与えられた権利である 」という理念の元に、2005年から、難病児・障がい児・きょうだい児・ご家族へ… もっと読む »

2020年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 プロジェクト リサーチ 文化交流 美術

同じ月を見た日(アイムヒア プロジェクト)

現代美術家の渡辺篤氏は本助成での活動継続3年目。1年目の2018年度、2年目の2019年度と引きこもり当事者や社会全体に向けて「アイムヒアプロジェクト」を展開してきました。 「アイムヒアプロジェクト」は、2018年、「ひ… もっと読む »