2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 プロジェクト 舞踊

ハラサオリ(2020年度)

ダンサー、美術家。自身の身体を用いたパフォーマンス作品の制作を軸に、サイトスペシフィックな空間/時間における即物的身体の在り方を探求している。近年ではダンサーであった実父との生別と死別を扱ったセルフドキュメンタリー作品「Da Dad Dada」を日独の二カ国で上演。また翌年の2019年にはDance New Airにて「no room」を発表。東京芸術大学デザイン科修士、ベルリン芸術大学舞踊科ソロパフォーマンス専攻修了。2015年度吉野石膏美術振興財団在外研修員、2017年度ポーラ美術振興財団派遣海外研修員。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2020/55653/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

「日常的な身体と知覚」の拠り所を探る、ハラサオリのアクチュアリティ | 創造都市横浜
「日常的な身体と知覚」の拠り所を探る、ハラサオリのアクチュアリティ | 創造都市横浜

ハラは、東京芸術大学大学院デザイン科修了後に渡欧し、ベルリン芸術大学舞踊科ソロパフォーマンス専攻を卒業。現在は、ベルリン…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 映像 美術

荒木 悠(2020年度)

美術家・映像作家。1985年生まれ。異文化間のはざまに着目し、それらを取り巻く事象を再現・再演・再話といった手法で編み直す映像インスタレーションを展開している。これまでの主な個展に「RUSH HOUR」(CAI02、20… もっと読む »

2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 プロジェクト 演劇

市原 佐都子(2020年度)

劇作家・演出家・小説家。1988年大阪府生まれ福岡県育ち。桜美林大学にて演劇を学び、2011年よりQ始動。人間の行動や身体にまつわる生理、その違和感を独自の言語センスと身体感覚で捉えた劇作、演出を行う。2011年、戯曲『… もっと読む »

2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 プロジェクト 演劇

高山 玲子(2020年度)

アーティスト・俳優・体メンテナンス体操主催。俳優として多くの舞台、映像、パフォーマンス作品に出演する。同時に映像作品、各種メディアを用いたパフォーミングアーツ作品の制作を行う。2019年アート・コレクティブ few ph… もっと読む »

2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 プロジェクト 演劇

中村 大地(2020年度)

作家、演出家。1991年東京都生まれ。東北大学文学部卒。在学中に劇団「屋根裏ハイツ」を旗揚げし、8年間仙台を拠点に活動。2018年より東京に在住。人が生き抜くために必要な「役立つ演劇」を志向する。近作『ここは出口ではない… もっと読む »

2020年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 プロジェクト 美術

本間 メイ(2020年度)

アーティスト、Back and Forth Collectiveメンバー。1985年東京都生まれ。2011年チェルシー芸術大学大学院ファインアーツ科修了。インドネシアと日本の歴史的関係のリサーチを基点に、社会・政治的な問… もっと読む »