2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 映像 美術

佐藤 未来(2022年度)

アーティスト。東京藝術大学大学院後期博士課程映像研究科に在籍。日本とオランダを拠点に研究、制作を行う。

さまざまな場所のフィールドワークをベースに、そこに住む人々を起用してプロジェクトを立ち上げていく。映像インスタレーション、ワークショップなどを用い、歴史をオルタナティブなかたちで再演することを試みる。

主な個展に2020年「Girls Got Golds」puntWG(アムステルダム)、主な上映に2022年「TENT Online Cinema」TENT Rotterdam(ロッテルダム)など。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2022/71609/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じ助成の採択事業

2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 パフォーマンス 舞踊

小暮 香帆 (2022年度)

ダンサー・振付家。自身の作品を発表しながら劇場、音楽ライブ、メディアなど様々な領域で活動。ソロ作品「ミモザ」(2015)は初演以来3ヶ国9都市で上演。また笠井叡をはじめ多数振付家作品に出演、海外ツアーに参加。近年はオーケ… もっと読む »

2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 パフォーマンス 映像 美術

佐藤 朋子(2022年度)

アーティスト。1990年長野県生まれ、神奈川県在住。2018年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。レクチャーの形式を用いた「語り」の芸術実践を行っている。日本が辿ったいびつな近代化への道のりや、大文字の歴史… もっと読む »

2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 パフォーマンス 舞踊

下島 礼紗(2022年度)

振付家・ダンサー。7歳から地元鹿児島でよさこい踊りやジャズダンスなど様々なダンスに取り組む。桜美林大学在学中に木佐貫邦子にコンテンポラリーダンスを学び、以降はダンス、演劇を問わず客演を重ねる。2013年「ケダゴロ」を結成… もっと読む »

2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成 パフォーマンス 映像 美術

ジョイス・ラム(2022年度)

映像作家、編集者。香港生まれ。2022年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。映像作品やレクチャーパフォーマンスの制作を通して「家族」の定義を捉え直す。国や組織が作る複数の家系図を用いた修了制作の「家族に関す… もっと読む »

助成制度

2022年度 U39アーティスト・フェローシップ助成

人物・団体

-

ウェブサイト

https://www.mikusato.com

ジャンル

年度

2022年度