2007〜2015年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ヨコハマ・フォトマーケット

日時 平成23年2月3日(木)~6日(日)
会場 ヨコハマ創造都市センター 1F ホール
内容 写真のふるさと・横浜のブランドを背景にし、写真における現代美術のマーケット形成を実験的に行う事業。一家に一枚をテーマに、気軽に美術作品を所有する機会を提供した。入場料 500 円。高校生以下無料

出展作家:チェン・ウェイ、鈴木理策、北野謙、緒方範人ほか、31 名
横浜フォトフェスティバルのポートフォリオレビュー作家、ギャラリー推薦の若手
作家など:78 点

事業成果 入場者数:484 名、作品販売 3 点
協働主体 企画運営:PH4+(フォトコレクティングの会)
監修:横浜フォトフェスティバル実行委員会

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/projects/2007/18345/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じカテゴリーの主催事業

2020年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

ハマの大喜利

経済人とクリエイターをつなぐ「ハマの大喜利」。 初年度は、株式会社ありあけ、株式会社旭広告社、株式会社テレビ神奈川/株式会社tvkコミュニケーションズ(開催順)を世話人に迎え、参加クリエイター達がアイデアをプレゼンテーシ… もっと読む »

2018年度〜 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA

2020年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、よこはま動物園ズーラシア(旭区)を舞台として環境をテーマに開催。横浜の魅力の多様性を参加者に伝えるとともに、クリエイティブと動物園の新たな可能性を開きました。 WE… もっと読む »

2019年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2019年度

2019年度の「WE BRAND YOKOHAMA」は、「横浜をブランディングする」をテーマとしたアイディア・プランの立案を目指し、横浜を拠点に活躍するステークホルダー・クリエイターをファシリテータに迎え、業種を超えた参… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

WE BRAND YOKOHAMA 2018年度

2018年度からスタートした「WE BRAND YOKOHAMA」。 初回は、横浜を拠点に国内外で活躍されるデザインストラテジスト・太刀川英輔さん(NOSIGNER)の発案のもと、新たな横浜像をつくるプロジェクトを生むこ… もっと読む »

2018年度 文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム

創造的思考で解く横浜の未来

ACYの新たな取り組みとして、2016年から、横浜市と横浜市芸術文化振興財団の共同で「文化芸術創造都市・横浜プラットフォーム」の形成を行っています。 これまで、文化芸術創造都市・横浜プラットフォームでは、「横浜の未来にひ… もっと読む »