2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 まちづくり

災害の備えを学ぶ気持ちにハードルをつくらない減災教育プロジェクト ~災害を自分ごととするためのmy減災マップ×インクルーシヴデザインの視点~

採択事業名
「災害の備えを学ぶ気持ちにハードルをつくらない減災教育プロジェクト~災害を自分ごととするためのmy 減災マップ×インクルーシヴデザイン の視点~ 」

実施期間
2017年6月7日 〜2018年2月28日

会場
my 減災マップワークショップ 横浜市緑区

協力・後援等
横浜市緑区総務課危機管理担当、川崎市高津区危機管理担当、(株)ゼンリン、
(一社)減災ラボ

内容
社会的課題 として、 自然災害による被害を減らす(減災)の は、個々人が、自分の住む地域の災害時の特性を 知り、それに応じた予防活動や非常時の行動をとることが大切だが、 その意識はまだまだ低く、また行政等で配布する情報はあまり認知が高くないという実態があります。そこで、この団体は、 災害の被害を減らすためには、まずは自分の身近な地域の災害リスクを知ることが最初の第一歩であると考え、オリジナルの減災教育プログラム「 my 減災マップ ® 」を企画・開発しています。
しかし、このマップ制作は、市販物の組み合わせで実施していることから、色覚障がい者には配慮されていないことが課題であり、今回新たにユニバーサルなデザインで自社開発することに挑戦しています。当事者、有識者(色覚、防災、教育 、福 祉)、デザイナーらと現状のツールの課題、改善策を共有し取り組みを 進め、 結果として、 オリジナルシールが制作され ました。このプロセスにおいて、申請者は、様々な課題の発見と解決を行っており、関係者の間で 、自助防災に関する社会包摂の意識が高まっています。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2017/18578/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

よりよい人生を作り上げるために、日常の中に「減災」を/減災ラボ代表理事・鈴木光さんインタビュー
よりよい人生を作り上げるために、日常の中に「減災」を/減災ラボ代表理事・鈴木光さんインタビュー

  子どもの作った「my減災マップ」が、地域防災を家庭に伝える 鈴木さんの活動母体『減災アトリエ』で開発した『my減災マ…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 まちづくり

黄金町BASE(2017)

採択事業名 「黄金町 BASE 」 運営期間 2017年 8月 4日 〜 2018年 3月 10日 運営回数 60 回 会場 黄金町 BASE (京急高架下付近のスタジオ内) 内容 昨年度からの継続事業。黄金町の高架下に… もっと読む »

2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 福祉

視覚障害者とつくる音声メディアプロジェクト

採択事業名 「視覚障害者とつくる音声メディアプロジェクト」 実施期間 2017年 1月 15日 〜3月 4日 会場 横浜美術館 コレクション展示室 内容 今年度の新規採択事業。このプロジェクト は 、 横浜美術館のコレク… もっと読む »

2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 デザイン

YOKOHAMA KOTOBUKI INSIDE 2017

採択事業名 「YOKOHAMA INSIDE FASHION @KOTOBUKI 」 活動期間 2017年 4月 〜 2018年 3月 活動場所 横浜市中区寿町 内容 昨年度からの継続事業。昨年度は、 寿町 の住民 やそ… もっと読む »

2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成 映像

ドキュメンタリー映画・大人の発達障がい

採択事業名「ドキュメンタリー映画・大人の発達障がい(仮称)」 開催時期2017年 4月 1日 〜2018年 3月 18日0号試写:2018年 3月 19日共催 サンディ株式会社 内容今年度からの新規採択事業。ドキュメンタ… もっと読む »

助成制度

2017年度 クリエイティブ・インクルージョン活動助成

人物・団体

減災アトリエ

ジャンル

年度

2017年度