2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン

texi yokohamaプロジェクトの海外展示会出展事業

横浜の地域ブランド「texi yokohama」は、一般社団法人技術発想融合協会(※1)の「創造的産業の振興」の取り組みの中で生まれました。
「texi yokohama」では、横浜市内の中小企業の高い技術力(technic)とクリエーターのアイデア(idea)とのコラボレーションを一般社団法人技術発想融合協会がコーディネートし、ビジネスプランの提案から、商品開発アドバイス、販路開拓支援まで一貫したサポートに取り組んでいます。

2019年度は、共同申請した横浜市内の豊住曲硝子株式会社(得意技術:板硝子の曲げ加工 ・硝子全般)と一緒に、「texi yokohama」の商品12点を『Ambiente(アンビエンテ)』(2020年2月6日(木)~10日(月)/ 会場:フランクフルト国際見本市会場)(※2) へ出展しました。
出展ブースには、約200名/日の来場があり、その結果、豊住曲硝子株式会社としては、日本の大手食器具メーカーがその技術に関心を示して、オリジナル商品開発の企画検討がはじまったり、texi yokohamaブランドとしては、会期終了後、商社/バイヤーからのコンタクトをもらったりしています。

今回の取り組みを通じて、創造都市横浜としての地域の魅力を海外に伝えると共に、texi yokohamaブランドの発信を広く行うことができました。

※1:一般社団法人技術発想融合協会は、横浜市内の中小企業の持つ技術力の活用と、アーティスト・クリエーターの活躍の場をひろげ、市内経済活性化につなげるため、アーティスト・クリエーターと企業・地域とのコラボレーションをコーディネートし、新たなビジネス機会を創出する「創造的産業の振興」に取り組む団体です。

※2:『Ambiente(アンビエンテ)』は、テーブルウェア、キッチン用品、インテリアアイテム、ギフト関連まで4,000社を越える出展者が、ライフスタイルを彩るさまざまな製品を提案する、世界のインテリア業界が注目する見本市です。世界各国のバイヤーやショップ関係者が来場します。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2019/18567/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じ助成の採択事業

2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン プロジェクト リサーチ 福祉

HOSPITILE(ホスピタイル)プロジェクト 

HOSPITILE(ホスピタイル)プロジェクトは、矢内原充志氏が代表を務めるデザインコンサルティング会社、有限会社スタジオニブロールと、横浜市立大学先端医科学研究センターコミュニケーション・デザイン・センター(YCU-C… もっと読む »

2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン プロジェクト

DESIGNART TOKYO 2019出展を通じた YMVの国内プロモーション展開

Yokohama Makers Village(以下、YMV)は、横浜市近郊に工場を構える金属加工会社等が集まり、各社の得意な技術(金属加工、切削、曲げ、成型など)を連携させることにより、付加価値の高い製品づくりを目指し… もっと読む »

助成制度

2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門

人物・団体

一般社団法人技術発想融合協会

ジャンル

年度

2019年度