2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン プロジェクト リサーチ 福祉

HOSPITILE(ホスピタイル)プロジェクト 

HOSPITILE(ホスピタイル)プロジェクトは、矢内原充志氏が代表を務めるデザインコンサルティング会社、有限会社スタジオニブロールと、横浜市立大学先端医科学研究センターコミュニケーション・デザイン・センター(YCU-CDC)、渡辺パイル織物株式会社(愛媛県今治市)が共同で行う事業です。
その目的は「医療」と「衣料」を組み合わせ、生活の質を上げるための繊維プロダクトを開発・発信し、主に未病の人々にヘルスケアの概念を伝えていくこと、また、健康的な質の高いライフスタイルを後押しするような、高品質で顧客目線の商品を開発し、手に取りやすい価格で販売すること、にあります。

その事業のスタートとして、2019年度は超消臭タオルの開発に取り組みました。3社で企画やリサーチ、試作といった開発に向けた作業を重ね、2020年3月には商品販売がスタートしました。
酢酸を使った超消臭タオルは、消臭性能評価も高く、今治タオルブランド商品としても認定されています。

衣料、医療の分野を超えた協働で、病院で日々現れる様々な身体的、精神的な課題を解決していく本プロジェクトは、繊維を作るレベルからともに開発を行い、また、開発を行った当事者が市場に対してもアプローチしていく前例のないプロジェクトです。このプロジェクトで開発したプロダクトを社会に発信することは創造性(クリエイティビティ―)の新たな指針を示すことになるかもしれません。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2019/18568/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

STUDIO NIBROLL
STUDIO NIBROLL

スタジオニブロールは企画デザイン会社です。デザイナーがアトリエワークで培ったデザイン思考(デザインシンキング)で、様々ク…

- www.nibroll.jp
人間らしさの追求が生む新たな
人間らしさの追求が生む新たな"医療" 武部貴則教授インタビュー | 創造都市横浜

  病院ではなく、コミュニティや実生活のなかで医療を行う時代へ ーーはじめに、武部先生のご専門について教えてください。 …

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン

texi yokohamaプロジェクトの海外展示会出展事業

横浜の地域ブランド「texi yokohama」は、一般社団法人技術発想融合協会(※1)の「創造的産業の振興」の取り組みの中で生まれました。 「texi yokohama」では、横浜市内の中小企業の高い技術力(techn… もっと読む »

2019年度 ヨコハマ創造産業振興助成 新商品・サービス開発部門 デザイン プロジェクト

DESIGNART TOKYO 2019出展を通じた YMVの国内プロモーション展開

Yokohama Makers Village(以下、YMV)は、横浜市近郊に工場を構える金属加工会社等が集まり、各社の得意な技術(金属加工、切削、曲げ、成型など)を連携させることにより、付加価値の高い製品づくりを目指し… もっと読む »