2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 美術

山形 一生(2019年度)

美術家。東京藝術大学大学院美術研究科絵画修了。インターネット以降における美術、および画像流通とその政治性についてを主題に制作と研究を行う。それらと関連した論考として「水色のぷにぷに – ポストインターネットアート」(Massage, 2019- )、「キャラクターの同一化と引き剥がし」(Vindr vol.6, 2018)など。また、主な展示として「MASAMUNE」website, 2018、「Surfin’」情報非公開, 2017など。主な受賞として2018年に「映像作家100 – NEWAWARDS」にて大賞、2016年「21th Campus genius award」にて谷口暁彦評価員賞など。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2019/55938/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

同じ助成の採択事業

2014年度 創造都市横浜における創造的活動支援助成 演劇

「+51アビアシオン,サンボルハ」横浜公演

採択事業名 +51 アビアシオン,サンボルハ 開催時期 2015年 2月 13日~20日 会場 ST スポット 内容 劇作・演出共に神里雄大が行う新作の横浜公演。戯曲は、南米、米国での滞在取材を行い、その期間に神里が体験… もっと読む »