2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 美術

山形 一生(2019年度)

美術家。東京藝術大学大学院美術研究科絵画修了。インターネット以降における美術、および画像流通とその政治性についてを主題に制作と研究を行う。それらと関連した論考として「水色のぷにぷに – ポストインターネットアート」(Massage, 2019- )、「キャラクターの同一化と引き剥がし」(Vindr vol.6, 2018)など。また、主な展示として「MASAMUNE」website, 2018、「Surfin’」情報非公開, 2017など。主な受賞として2018年に「映像作家100 – NEWAWARDS」にて大賞、2016年「21th Campus genius award」にて谷口暁彦評価員賞など。

LINEで送る
Pocket

この記事のURL:https://acy.yafjp.org/support_programs/2019/55938/

関連するニュース

関連するニュースはありません。

関連リンク

around YOK vol.8「手は今へ伸びていく」山形一生さん | 創造都市横浜
around YOK vol.8「手は今へ伸びていく」山形一生さん | 創造都市横浜

   おめでとう。その一言を一度も言うことなく、私は友人の出産祝いパーティから帰宅しました。思い返せば、はじめから祝いの…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp
相対する現実とフィクション――アーティスト・山形一生さんが提示した展覧会とは | 創造都市横浜
相対する現実とフィクション――アーティスト・山形一生さんが提示した展覧会とは | 創造都市横浜

  「パンゲア・オン・ザ・スクリーン」とは? 本展のタイトルは、ドイツの気象学者であるアルフレート・ヴェーゲナーが大陸移…

創造都市横浜 - yokohama-sozokaiwai.jp

同じ助成の採択事業

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 演劇

神里 雄大(2019年度)

作家、舞台演出家。1982年ペルー生まれ。世界各地を訪ね歩き、出会った人々から聞いた話を元に作品を構成するという執筆スタイルを採用している。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール… もっと読む »

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 美術

玄 宇民(2019年度)

アーティスト。東京生まれ。生まれた地を離れた人々のありようと移動の記憶、マイグレーションをテーマに映像作品を制作。近作は戦前の日本に暮らした韓国人女性飛行士の足取りを俳優と共にたどる『未完の旅路への旅』(2017)、香港… もっと読む »

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 演劇

高山 玲子(2019年度)

美術家・俳優・体メンテナンス体操講師。京都府出身。俳優として数多くの舞台、映像、パフォーマンス作品に出演する。また同時に映像作品、各種メディアを用いたパフォーミングアーツ作品の制作を行う。近年では、境界線(演者/観客・あ… もっと読む »

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 演劇 音楽

額田 大志(2019年度)

作曲家・演出家。1992年東京都出身。東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業。2013年に8人組バンド・東京塩麹を結成。ブレイクビーツとミニマルミュージックを軸としたサウンドで、これまでに2枚のアルバムをリリース。201… もっと読む »

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 美術

布施 琳太郎(2019年度)

美術家。1994年生まれ。2017年東京藝術大学美術学部絵画科(油画専攻)卒業。現在は同大学院 後期博士課程 映像研究科(映像メディア学)に在籍。壁画/絵画とインスタレーションの制作をはじめとして、同世代の制作者を広く集… もっと読む »

2019年度 若手芸術家育成助成 クリエイティブ・チルドレン・フェローシップ プロジェクト 美術

本間 メイ(2019年度)

アーティスト。1985年東京都生まれ。2011年チェルシー芸術大学大学院ファインアーツ科修了。Back and Forth Collectiveメンバー。インドネシアと日本の歴史的関係のリサーチを基点に、社会・政治的な問… もっと読む »